メインイメージ画像

家族の事を考えたプランを

Q保険はどうしていると言えるのでしょうか?多少の貯金と公的サポートが存在すれば、保険なんかいらないと思いますが。
A.大変お金を蓄えている人、自分が亡くなった後家族が金銭面で逼迫しない人には、関係ないものと考えます。公的支援を使用しても最低額の費用は自己負担しなければいけないでしょう。
平成25年度の数字によると入院した時一日ごとに自己負担金は2万1000円ほどとなっています。この金額を何カ月にわたる入院の際も支払うことが可能であるならば、保険は契約の必要はないと考えます。


また、一回入院してしまうと保険の加入できないこともあります。長所・短所を考えた上で保険を契約するようにしましょう。

Q.保険代をできるだけ低く収めたいと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。
A.年やライフスタイルで必要な保険は違うため、一言で述べるのは困難と思われます。仮に、あなたが若く独身の方だとすると、死亡保険は削ることができるです。


結婚をし、お子さんをお持ちの方であれば、医療保険死亡保険とも減額そのものは困難でしょう。そのケースは、積み立て方法ではなくかけずて方法に契約しなおすのも一つの手段です。もし、特約が付随していれば、必要のない特約をやめましょう。
お子様も家を出て、夫婦での生活を過ごす皆様ならば、死亡保険の減額ができます。しかし、医療保険は今以上に充足した契約内容にして下さい。